So-net無料ブログ作成

中森明菜 [その他・雑談]

最近、you tubeで偶然に中森明菜の昔の映像を見る機会があって、ちょっと火がついてしまいました。

そう、私は中学時代、彼女のファンだったのです(歳がばれるな・・)。

当時はベストテンやトップテン、夜のヒットスタジオなど歌番組も多く、あまりJ-POPは聴かない私も明菜見たさによくTVをチェックしていました。その頃は彼女の全盛期でもありました。

明菜の何が好きだったかというと、圧倒的な表現力と歌唱力、衣装のセンス、アイドルの枠を超え、特定のカテゴリに収まらない存在感・・。

you tubeで検索を続けたら、こんな映像が出てきました。

これは、今から20年前の夜のヒットスタジオでマンスリー一週目に披露した映像。歌っている「マリオネット」という歌は当時の最新アルバム「不思議」に収録されている。

この「不思議」というアルバムを私は勿論聴いているけれど、タイトル通り不思議な内容。まだ子供だった私には前衛的過ぎてあまりピンと来なかった。

(Wikipediaより一部引用)
「アイドル中森明菜」から「アーティスト中森明菜」を決定付けたセルフプロデュース作品で、神秘、狂喜、混沌、幻覚、恐怖…そんな明菜と作家陣が織りなす世界観が溶け込んだ意欲作。このアルバムを、中森明菜の最高傑作と呼ぶ人も多く、発売直後はこのアルバムを聞いた人達を驚愕させた。
声も楽器の一部という基本概念のもと、ボーカルの音量レベルを落とし、エフェクト処理によりボーカルをマスク処理。リバーブを全面に利かせたプログレ・サウンドとボーカルを融合させた摩訶不思議なアルバムとして話題に。
一旦は完成させていたが、最初に完成した作品を明菜本人が聞いたところ「”カッコいい”けど、”不思議”じゃないよね?」と発言。その後、EUROXの全面協力を経て、アレンジ、ミックスを全面的に変更することとなった。(アルバムクレジットには、「EUROXのお蔭で、この作品を作ることが出来た」との最上級の記述がある。)発売当初は、レコード会社に購入者から「ヴォーカルがよく聞き取れない。不良品ではないのか?」との問い合わせが絶えなかったという。

・・・この夜ヒットのパフォーマンスはファンの間でも語り継がれてるらしいが、たまたま私はこのときの映像を見逃しており(以前、何かの番組で一部だけ紹介したのを見たきり)、今になって初めて全部鑑賞(you tubeすごいな~)。

う~ん、驚愕。
しかも何だか凄まじい歌い方してます。
狂ったようなトランス状態のような、怖い歌い方してます。
これ、恐らく明菜21歳くらいだと思うんですが。
20年前なのに全然古臭くない。

因みに、シングルでは『Fin』が一番好き。
ベストテン、トップテンなどで1位をキープした歌だけど、いまいち知名度は低い。でも映画『ナインハーフ』を意識したという衣装も良いし、メロディーもお洒落なのです。

”あの事件”以来、すっかり影が薄くなってしまったけど、この路線でいったら今も大忙しのアーティストになったのではないかなとつくづく残念。夏木マリみたいになれたかも?(笑)。

プライベートで”事件”を起こす芸能人は珍しくはない。
でも、彼女の場合この世界でやっていくにはあまりにも神経がデリケートすぎたのではないかなと思う(逆に言えばそれだけ表現力が豊かなのだ)。事件前後はTVに出てもいつも辛そうな顔していたし、歌う曲もどんどん暗くなっていったし。

私もそのうちに聴かなくなってしまったけど、今でも彼女のような存在のアーティストが出現していないことを考えると、本当に惜しいな、と思う。
何とかならないのかしらねえ・・。

明菜のCDはこちらで↓

不思議(紙ジャケット仕様)


CRIMSON(紙ジャケット仕様)


CROSS MY PALM(紙ジャケット仕様)


Fin


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。