So-net無料ブログ作成

『キサラギ』 [映画(コメディ)]

『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太の脚本に、キャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄(ドランクドラゴン)、香川照之、ドラマや映画のヒットメイカー佐藤祐市監督というコラボレーションで生まれたワンシチュエーション・ミステリーコメディ(ジャンルくっ付けすぎ)。

「D級」グラビアアイドル、如月ミキが自殺して一年。彼女の一周忌に集まった5人の男性ファン・・家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。如月ミキファンサイトの常連である彼らは全員初対面。誰もが「盛り上がれる」追悼会を期待していたはずだが、「彼女は自殺じゃない、殺されたんだ」と口走った者が。この発言で5人は大混乱。あれこれ推理をしては判明する意外な新事実。挙句の果てに、全員が一度は「お前が彼女を追い詰めた」と詰め寄られる事態に。果たして彼女の死の真相は??

『12人の恐れる男』的なワンシチュエーション映画は、見方を変えれば舞台劇と同じで、役者の演技力が要求されるが、その点、キャスティングされた5人はいずれも個性派・実力派揃い。それぞれのキャラクター設定もかなり細かく、コミック的でオーバー。一番ノーマルで純粋なファンである家元(小栗旬)、クールで謎めいた二枚目的(?)存在のオダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、無駄に騒ぐわりに自分の意見がない軽率男のスネーク(小出恵介)、間が悪くていつも話に入れない、ピエロな安男(塚地武雄)、そして不気味に謎めいたイチゴ男(香川照之)。

とにかく脚本とキャスティングの勝利。
全体的に無駄がない(ラスト近くで全員が人工の星空を眺めるシーンだけちょっとわざとらしいが)。
彼ら一人一人が何らかの形で如月ミキに関わっており、それが一体どう関わりがあるのか、そして真犯人が彼らの中にいるのか、いや、それ以前に如月ミキは他殺なのか?!という、謎が謎を呼ぶ展開になっていく。「喪服を着れば盛り上がれるんです!」など爆笑を呼ぶ台詞もいっぱいで、ミステリーと言えど終始笑わされっぱなし。
これはなかなかのエンタテインメントです。

キーワード;
喪服、火事、ファンレター、電話、マネージャー、ストーカー、詰め替えボトル、幼馴染、アロマキャンドル、父親、ママレモン、ヘアヌード写真集

2007年日本
監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄(ドランクドラゴン)、香川照之他

初夏、渋谷シネクイントにて公開

(C) 2007「キサラギ」フィルムパートナーズ


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。