So-net無料ブログ作成

『プレステージ』 [映画(文学・文芸)]

2人の天才マジシャンが火花を散らし、互いに翻弄されるミステリー―世界幻想文学大賞受賞のベストセラー「奇術師」(クリストファー・プリースト著)を映画化した話題作。
監督&脚本に『メメント』のクリストファー・ノーラン、キャストにヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソンを迎え、最高に魅力的な作品が誕生した。撮影賞と美術賞はアカデミー賞にもノミネートされている。

19世紀のロンドン。名声をかけ、互いに張り合う2人のマジシャン、アンジャーとボーデン。ある日、ショーの最中にアンジャーが水槽からの脱出に失敗し、ボーデンの目の前で溺死する事件が起きる。ボーデンは殺人罪で逮捕され、死刑判決を受ける。マジックの考案者でアンジャーの協力者だったカッターは2人の確執が生まれた過去を思い返す。一方、ボーデンはアンジャーの日記を手に入れるが、そこには彼が思いもしなかった秘密が書かれていた。ボーデンは悟る。自分が今置かれた状況・・これはアンジャーが仕掛けた史上最大のイリュージョンではないのか・・?

「マジック」「トリック」という言葉に騙されて、VFXを駆使したエンタテインメント系の娯楽作品と思っているとちょっと肩すかしを喰う。文学作品の映画化らしく、非常に落ち着きがあり、視覚的な楽しさより脚本の面白さで観る映画だ。観客が騙されるトリックは、アンジャーとボーデンが舞台の上で繰り広げる「水槽脱出」や「瞬間移動」ではなく、もっと大きなテーマであることが、最後に分かる(その驚きは、本作の監修デヴィッド・カッパーフィールドのトリックを見るような感覚に近い・・あのマジシャン胡散臭いがw)。

単純にマジックのタネや仕掛けについて語るだけの物語とは違って、ここでは2人のマジシャンの人生が描かれる。真面目で純粋にマジックの可能性を追求するアンジャーと、野心に燃え人間臭いボーデン。対照的な性格の2人を見ているだけで興味深いが、彼らの間に確執が生まれた背景にはある事件がきっかけとなっていて、「復讐」も本作のキーワードの一つである。
「騙す」とか「正直」という概念がストーリーの中で象徴的に使われ、愛する人との信頼関係にも大きく関わってくる。

ヒュー・ジャックマンはちょっと好きな俳優。一見、体育会系に見えるけどこういう「貴公子」のようなファッションがよく似合う上品さを持ち合わせている。クリスチャン・ベールは『バットマン ビギンズ』以来?2人の間で揺れる魅力的な助手を演じるスカーレット・ヨハンソンも相変わらずセクシー
オーラがムンムン(笑)。脇を固めるベテラン俳優陣がまたよく、カッター役のマイケル・ケインや、デヴィッド・ボウイ(老けたね・・分からなかった)にも注目。

あまり多くを語ると映画を観る楽しみが減るのでこの辺で。とにかく130分飽きることがなく、一気に見せる(実際にはあり得ない結果なのでズルイと言えばズルイんだけど)。
そしてラストの驚愕。この展開を予測するなら、途中に出てくる重要な場面を見逃してはいけない。
騙されていたのは私たち?いやはや、本当によく出来た脚本でした。

因みに中国語タイトルは『死亡魔法』・・怖っ!

キーワード;
ロープ、水槽、妻、小鳥、テスラ、替え玉、シルクハット、日記

THE PRESTIGE
2006年アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、 デヴィッド・ボウイ他

6月上旬全国公開


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。