So-net無料ブログ作成
映画(歴史大作) ブログトップ

『300 スリーハンドレッド』 [映画(歴史大作)]


ペルシアが悪役に描かれているというのでイランで猛反発が起きている・・との新聞記事を読んだばかり。 
『シン・シティ』のクリエイター、フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、紀元前480年のスパルタ戦士たちの死闘を革命的な映像で描いた新感覚アクションエンタテインメント。スパルタ教育の語源にもなった、幼い頃より厳格なルールのもとで育てられた男たちが、100万ものペルシア軍に対し300という圧倒的不利の中で壮絶に闘う!

スパルタ王レオニダス(チョコレートではない)のもとに、ペルシア帝国から遣いがやってくる。帝国はスパルタをはじめとするギリシアの地を征服するつもりだ。「服従か、死か」と問われ、スパルタは100万の大群を敵に回すことに決める。スパルタが集めた戦士は300人。僅かとは言え、彼ら独自の戦略と鍛え抜かれた体で突き進む。かくしてペルシア軍の予想を覆し、スパルタ軍の勝利で1日目が終わるが・・。

映画の中で描かれる戦いは、歴史に残る”テルモピュライの戦い”。エンタテインメント性を重視してか、モンスターを思わせる異形の男たちや、不気味な仮面をつけた不死軍団、巨大サイ、巨大ゾウなどが続々登場。次から次へと敵が襲い、それをまた容赦なく残虐に倒していくスパルタ軍・・この辺りの映像感覚はゲームに近いかも。

妖艶で悪の魅力漂うペルシア王を演じるのは、ブラジルで最も人気の高い俳優で、バズ・ラーマンが監督したシャネルのCMで二コール・キッドマンと共演したロドリゴ・サントロ。
スパルタ王を演じるジェラルド・バトラーをはじめ、キャストに知名度の高い俳優は出ていない。
主役はやっぱり映像なのだろう。絵のような写真のような、何ともいえない微妙な色使いだ。先日アップした『アポカリプト』に次いで、腕が切れたり首が飛んだりなど相当量の血を見る作品だが、ゲームっぽくてリアリティがないのであまり残酷さは感じない(ある意味それも怖いが)。ただ、あまりにも見応えがあるので、観るだけなのにスポーツをした後のようにエネルギーを消耗する。女性の私も楽しめたけど、どちらかというと男性向けの作品かも。

キーワード;
ペルシア、山道、死体の壁、剣、盾、矢

300
2007年アメリカ
監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・へディー、デイビッド・ウェナム、ロドリゴ・サントロ他

6月9日、サロンパス ルーブル丸の内他全国公開


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『アポカリプト』 [映画(歴史大作)]

いつもセンセーショナルな作品を発表するメル・ギブソン監督最新作。
マヤ文明崩壊前夜を背景に、突如襲われた平和な村に暮らす青年の、決死の逃亡劇を描いたサスペンス・アクション。
台詞も全てマヤ語という拘りようだ。
試写状にワイシャツ姿のメル・ギブソンが写っていたので本人も出演するのだとばっかり思っていた。現代に生きる考古学者か歴史学者か何かが調査中にジャングルに迷い込む『インディ・ジョーンズ』ばりの内容かと思っていたら・・・・・・・。

全然違った(爆)。

しかもこの映画、怖すぎ。

何が怖いって、ホラー的怖さではなくて、土着的というか宗教的というか原始的というか民族的というか、そういう怖さ。ちょっと検索してみたら”あまりに暴力的、残虐性の高さから上映中止になった”という結果まで出てきた。

どういうストーリーかというと・・。
マヤ文明後期の中央アメリカのジャングル。
狩猟民族の血を受け継ぐ青年ジャガー・パウは争いのない村で妻や仲間たちと静かに暮らしていた。
そこへ、マヤ帝国の傭兵たちの襲撃があり、住民は子供を残して全員殺されるか連れ去られる。
彼らを待ち受けていた運命は、女たちは奴隷として売買され、男たちは儀式の生贄に。
ジャガーが生贄になる直前、皆既日食が発生。
難は逃れたものの、次は人間狩りの標的に。
何とか逃げ出した彼を傭兵たちが執念深く追いかける。
ジャガーは再び、愛する妻と子供に会うことができるのか?

確かに、息つく暇もないアクションで、エンタテインメントとしては優秀。観ていて決して飽きない。
でも、あんまり見たくないシーンの連続なのだ。
冒頭からして、バクが残酷な罠にかかる場面。
劇中、どれだけ血を見せれば気が済むのかというくらい殺戮のオンパレード。
メル・ギブソンは毎回血生臭い映画を撮っているが、それでも『パッション』は残虐性の中にも神々しさがあり、暴力シーンはあまり気にならなかった。
今回は裸で槍を持って走り回る民族が主人公なので、死に方が豪快。串刺し、強打、猛獣に顔を喰われる、生贄で生きたまま心臓をえぐられる、などなど死に放題。
もういい、もうお腹いっぱいです(大泣)。
後半のジャガーの逃亡シーンが長すぎの気が・・。
とにかく走って走って走りまくるので、こちらも疲労。
2時間18分の映画が3時間くらいに感じられた。
ジャガーが作戦を立てて逆襲に出るあたりは毒蛙や蜂の巣などを使って面白いのだが、途中、残してきた仲間がどうなったのかなど少し織り込んで欲しかったかも。
マヤ文明崩壊の真実ではなく、もっとパーソナルな話だった。

結論:血が苦手な人はこの映画を観るのは諦めましょう( ̄ω ̄;)

ジャガー・パウを演じるルディ・ヤングブラッドは注目株。
ネイティブ・アメリカンの血をひく彼は伝統的なバウワウ・ダンスの名手であり、ミュージカル俳優としても活躍中。
他に画家・シンガーとしての顔も持つ超イケメンで、得意のスポーツを生かして鮮烈な映画デビューを飾った。 名前がいい、”若い血”。

キーワード;
予言、井戸、罠、奴隷、神殿、壁画、生贄、日食、滝壷、毒蛙、蜂の巣、出産

APOCALYPTO
2006年アメリカ
監督:メル・ギブソン
出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、ラオウル・トルヒーヨ他

6月9日より有楽町スバル座にて公開


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『女帝 エンペラー』 [映画(歴史大作)]

『初恋のきた道』の頃の可憐さは消えてしまったが、国際的女優として大きく成長し、色香さえ醸し出すようになったチャン・ツィイーの頂点とも言える作品。
シェイクスピアの「ハムレット」を原案に、復讐に燃える女の激情と悲哀を華麗な映像美で描き出した、超豪華歴史絵巻。ストーリー、アクション共に見所の尽きない一大エンタテインメントだ。

五代十国時代の中国。兄を殺害して王位を奪った新帝リーが、皇太子をも亡き者にしようと企んでいる。夫である皇帝を殺された王妃ワンは、密かに愛している義理の息子=皇太子を守るため、リーのもとに嫁ぐ。リーに身を任せながら心の底では復讐を誓うワン。皇太子も父の仇を討つつもりでいた。そして、盛大な夜宴の席に毒入りの盃が・・ついにワンが皇帝の命を奪うときが来たその瞬間、全ての計画が狂い始める・・・!

シェイクスピアの物語は登場人物の誰を主人公にしても面白いところが魅力。本作では王妃ガートルードにあたるのがワン王妃。もともとガートルードはハムレットよりも複雑なキャラクター。劇中(オリジナルの)、ハムレットが母をなじる場面があるが、それは母としてではなく、女としての彼女をなじっている。そこに着眼点を置いたのか、ガートルードの視点で描いた本作が面白くないわけがない。

とはいえ、本作ではハムレットにあたる皇太子もやはり主人公であり、父を慕い復讐に燃える孤高の姿が、演じるダニエル・ウーの美男ぶりも手伝って実に魅力的。

新帝リーを演じるのは中国の名優グォ・ヨウ。冷淡で非業な男が、切ないまでにワンを愛するようになっていく様を見事に演じきり、さすがの存在感を示している。

皇太子の許婚でオフィリアに当たる娘を演じるのはジョウ・シュンで、チャン・ツィイーよりやや年長であるはずの彼女の方がツィイーより可憐で可愛らしかった。

そして、チャン・ツィイーの美しさはこれまでのどの映画より最高かもしれない。ただし、この人演技力を高く評価されているものの、どの映画の演技も同じに見えるのは私だけ?お姫様役もいいけど、中国の土着的な女性役は似合わないのかしら?

アクションシーンはどこまでも華麗でダンスに近い。血生臭い場面も少なくないが、徹底的に美に拘った映像は、ほとばしる血潮さえ化粧道具に変わるほど。その演出は手加減がないとも言え、手抜きがなく完璧でもある。舞のシーンは、当時の踊りにしては現代的過ぎる振り付けだが、タン・ドゥンによる音楽も古典と現代の融合なので不思議に馴染んでいる。

ラストシーンは観客の判断に任せるということなのか。
私は「亡き皇帝の仕業・・?」と思えたのだけれど。

キーワード;
サソリ、舞、仮面、暗殺、剣、毒、芝居、盃、茜色

THE BANQUET
2006年中国
監督:フォン・シャオガン
出演:チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダニエル・ウー、ジョウ・シュン他

6月、有楽座他にて全国公開

公式サイト
http://jotei.gyao.jp/


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『墨攻』 [映画(歴史大作)]


試写室混雑で二度目で入れた。酒見賢一の同名小説を、森秀樹と久保田千太郎が漫画化した伝説的人気コミック。実在したが、歴史の闇に葬られた謎のヒーロー集団”墨家”を描いたドラマティックな物語は圧倒的支持を得、その人気は海外にも飛び火。ファンの一人だった香港の監督ジェイコブ・チャンがメガホンを取り、キャストにアンディ・ラウ、アン・ソンギら大物スターを配し、日本側スタッフは撮影に坂本善尚、音楽に川井憲次らが参加。まさにアジアの自信が集結した、歴史アクション超大作の誕生である。

紀元前370年頃の戦乱の中国に、攻撃せずに守り抜く”非攻”を掲げる墨家という集団がいた。大国・趙の攻撃で落城寸前の小国:梁は墨家に援軍を要請。そこへやってきたのは、革離という男ただ一人だけであった。しかし彼は天才的な戦術家で、10万の敵に一人で立ち向かわねばならぬという絶対的不利な状況下、次々と秘策で凌いでいく。しかし、遂に趙が最後の勝負に打って出たとき、革離は危機に立たされる。彼は使命を果たすことが出来るのか?かくして、壮大な闘いの火蓋が切って落とされる・・。

かなり金かけてます。完璧なセットとエキストラの数が迫力を煽る。どちらかというと男性向きのアクション大作だが、墨家という集団が実在したことなど時代背景が興味深く、そういう意味では歴史好きの老若男女の好奇心を刺激することは間違いない。革離を演じるアンディ・ラウの冷静で寡黙な表情が孤高の英雄像にピッタリ。彼を慕う女剣士に期待の若手女優、ファン・ビンビン(大塚寧々似の美人)、超軍の大将に韓国の国民的スター、アン・ソンギ、梁城の主に中国のベテラン、ワン・チーウェン、その息子にTVドラマ『春のワルツ』で日本でもブレイクが期待されるチェ・シウォンら豪華なメンバーが揃った。「人はいかにして生きるべきか」という、ごく基本的でありながら答えが出ないテーマを、激しく悲しい闘いの中で生まれる人間ドラマを通し描いていく。

2006年中国・日本・香港・韓国
監督:ジェイコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン他

2月3日より全国公開

コミックはこちらで購入できます↓

墨攻 (1)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『トリスタンとイゾルデ』 [映画(歴史大作)]

ワーグナーのオペラで有名な悲恋物語。1500年前にケルトの伝説として誕生して以来、宮廷詩やアーサー王伝説の一説として語り継がれ、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元になったとも言われる。そのようにして、文学、絵画、音楽など様々なジャンルでテーマにされてきた永遠のラブストーリーが、製作総指揮に巨匠リドリー・スコットを迎えて映画化された。

幼い頃に孤児となったトリスタンは、コーンウォールの領主マークに育てられ立派に成長した。戦闘で瀕死の重傷を負った彼は敵国アイルランドの海岸に流れ着き、アイルランド王の娘イゾルデに助けられる。海辺の小屋で献身的な介護を受けるトリスタンは日に日に回復し、イゾルデと自然に惹かれあい、結ばれる。しかし、イゾルデを待っていたのはマークとの政略結婚。二人は、すぐ傍にいながら見詰め合うことも叶わない苦しみを味わうことになる。トリスタンは父と慕うマークに負い目を感じながら、そしてイゾルデはマークの優しさに対する罪悪感を背負いながらも、情熱の赴くままに逢瀬を続けるが・・。

トリスタンとイゾルデを演じるのは共に主演級の俳優としてはキャリアの浅い若手。トリスタンは『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ、イゾルデは『アンダーワールド』シリーズの新星ソフィア・マイルズ。領主マークに『レジェンド・オブ・ゾロ』の悪役が記憶に新しいルーファス・シーウェル。主演の若手二人の力量のせいなのか、それとも脚本的にそうだったのか分からないが、メロドラマとしての盛り上がりよりもトリスタンのマークに対する忠誠心と、マークの寛大さ、誠実さの方が印象に残った。とは言ってもジェームズ・フランコとソフィア・マイルズは初々しく、好感度高し。少年時代のトリスタンは『ラブ・アクチュアリー』でリーアム・二ーソンの息子を演じたトーマス・サングスター(可愛かったので覚えてた)。音楽と映像が美しい。

Tristan & Isolde
監督:ケヴィン・レイノルズ
製作総指揮:リドリー・スコット
出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ、ヘンリー・カヴィル、ブロナー・ギャラガー他

今秋、日比谷みゆき座他にて公開

オペラのCD購入なら↓

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ニュー・ワールド』 [映画(歴史大作)]

『シン・レッド・ライン』から7年。長いキャリアの中で過去に3本しか長編劇映画を撮っていない巨匠、テレンス・マリックの待望の最新作は、ディズニーのアニメも記憶に新しいポカホンタス伝説をテーマにした美しい愛の物語。

17世紀初頭、アメリカ大陸に上陸した英国人ジョン・スミスは、原住民の族長の娘ポカホンタスと出会い、恋に落ちる。しかし、純粋で友好的な先住民と野心的な開拓者の間で衝突が起こり、ポカホンタスは開拓者たちの人質に。反対したスミスは指揮官の座を剥奪され失脚、加えて国王からの帰国命令に背くこともできず、そのまま彼女と別れ別れになってしまう。スミスが死んだと聞かされたポカホンタスは失意の日々を送りならがも、イギリス流の暮らしを身に付けていった。イギリス人貴族のジョン・ロルフがそんな彼女を見初め、結婚する。ポカホンタスも次第にロルフを愛し始め、子供も生まれ幸せな生活を過ごしていたが、ある日、スミスが生きているという噂を耳にする・・。

下手をするとベタなメロドラマになりがちな物語だが、マリック監督は徹底して叙情的に演出している。冒頭とラストに流れるのはワーグナーの「ラインの黄金」。空、大地、河、草原など、アースカラーに彩られた映像に詩を読むようなモノローグの台詞が重なり、前作『シン・レッド・ライン』をふと思い出す。さすがだと思った。
ジョン・スミスとポカホンタスのラブストーリーだと思うより、運命に翻弄されるポカホンタスの波乱の生涯を追った物語と見た方がいいかもしれない。何故なら、スミスが中盤から殆ど出なくなってしまうからだ。観客である我々でさえ、彼は一体どうなったのかと気になって仕方がない。二人の別れのシーンがちょっと曖昧なのが残念だったが、ここからポカホンタスの目線で次のストーリーが始まる。紳士的で優しいロルフも魅力的で、女性ならスミス派かロルフ派に分かれそう。

最後になってしまったが、スミスを演じるのはコリン・ファレル。監督が是非彼にと最初から決めていたらしいが、個人的な感想としては特に彼でなくても良かった気がする(とにかく顔が濃い!濃すぎる!役柄上仕方ないが髭も髪も眉も伸び放題)。ロルフはクリスチャン・ベール(なんか若い頃のトム・クルーズに似てた)。そして、一番輝いているのがポカホンタス役の15歳の新人、クオリアンカ・キルヒャー。清楚で美しく、無邪気な少女から貴婦人へと成長していく姿(しかしそれは彼女が拘束されていく象徴でもある)を見事に演じ、久々に大型女優登場の予感がする。

ヨーロッパの国作りというものの歴史的観点も含め、見所は多い。先住民のボディペインティングや生活様式にも注目(前半は世界ウルルン滞在記気分で・笑)。

THE NEW WORLD
2005年アメリカ
監督:テレンス・マリック
出演:コリン・ファレル、クリスチャン・ベール、クオリアンカ・キルヒャー、デヴィッド・シューリス他

GW全国公開


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『THE MYTH/神話』 [映画(歴史大作)]

中国で大ヒットを飛ばしたというジャッキー・チェン主演の歴史アクション大作(意外にもジャッキーは武侠映画は初めてとのこと)。
21世紀の現代と2200年前の中国・秦王朝―2つの時代を行き来する壮大なラブ・ストーリーで、大規模な合戦シーンや宙に浮かぶ始皇帝の宮殿、ジャッキー映画に欠かせないコメディも盛り込まれた見所満載の作品となっている。

ジャッキーの役柄は考古学者(歴史アクションの定番キャラね)、ジャック。彼は最近、同じ夢を繰り返して見る。夢の中のジャックは古代の武将で、美しい姫を守ろうとしているのだ。ジャックは親友の物理学者ウィリアムとインドの古代都市の遺跡を訪ねる。この土地に伝わる空中浮揚の鍵を解く鍵があると睨み霊廟に忍び込むが、墓荒らしとして警察に追われる羽目に・・。

一方、2200年前、秦の始皇帝の時代。秦の侵略を防ぐために朝鮮が献上した人身御供の妃・玉漱姫の警護を担う近衛将軍、モンイー(ジャッキー二役)は国境に向かっていた。そこへ姫を奪還しようと追ってくる朝鮮軍・・。二人は何とか難を逃れるが、遭難してしまう。命を削ってまで玉漱姫を守ろうとするモンイーにいとおさを感じ始める姫。モンイーも姫を想うが、身分の違う二人の愛が許されるはずはなかった・・。

この2つのストーリーが絡み合い、現在と2200年前とが交互に描かれる。
ウィリアムを演じるのはレオン・カーフェイ。『愛人/ラマン』で有名になった彼だが、実はその後コメディ俳優としても評価が高い。本作でもジャッキーとコンビを組み、緩いオトボケぶりを発揮している。そして、玉漱姫を演じるのは韓国の美人女優キム・ヒソン。古代王朝の衣装に身を包んだ天女のような美しさは必見。

クライマックスの空中宮殿のシーンはワイヤーをかなり使用したハードなアクションで、本作の最大の見せ場となっている。ジャッキー映画お約束のNGや撮影風景はエンド・クレジットでちゃんと流れるのでお見逃しなく。ジャッキー、この歳でも結構まだ体動くのね・・さすがだ。

2006年陽春 日比谷みゆき座ほか全国公開


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『キングダム・オブ・へヴン』 [映画(歴史大作)]

今最も旬な男、オーランド・ブルームを主演に迎えたリドリー・スコット監督最新作。なんだかバタバタした試写で、当初予定していた別な日の完成披露試写は、フィルム到着の遅れで中止。今日の試写も未完成で、字幕の変更予定とエンド・クレジットが途中で切れている旨を事前に告知されました。

家族を失った鍛冶屋の青年が、初めて出会う十字軍戦士の父親に導かれ、遥か遠方の宗教戦争に身を投じていくことになる。やがて彼は聖地エルサレムを救う騎士になっていく。

簡単に言えばこういう話。歴史の勉強がちょっぴり必要かも。オーランドは初の大役らしく、どうしても存在感は脇役に負ける。でも、それが初々しくもあり、好感度をあげている。彼と恋に落ちる王女シビラに、『ドリーマーズ』のエヴァ・グリーン。ラブシーンは意外に抑え目(オーランドファンには安心?)。王女の兄であり、ハンセン病で若死にするボードワン4世は終始マスクを被って登場。顔を見せない彼のキャラクターは非常に人間的で印象深い。
壮大なスケールで描かれる大河ドラマだけど、オーランド演じるヒーロー、バリアンが、指導者としての信頼を得ていく過程がもう少し欲しかったかも。人間ドラマは同監督の『グラディエーター』に比べると薄目に感じられる。父親役のリーアム・ニーソンがさすがに素敵。もうちょっと出演シーンが多かったらよかったのにな…。

ホールでの試写だったけど、どういうわけかガラガラ。予想外でした。


nice!(0)  トラックバック(0) 
映画(歴史大作) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。