So-net無料ブログ作成
ロシアねた ブログトップ
前の10件 | -

一時代の終わり。 [ロシアねた]


エリツィンに続いてロストロポーヴィチが。

ここ数ヶ月入退院を繰り返していたので危ないなと思ってたけれど・・。一ヶ月前に80歳の誕生日レセプションがクレムリンで催されたばかり。痩せて顔色も悪いのが印象的でした(画像)。結局、これが公に姿を見せた最後に。

この人も激動の人生を生き抜いた人でした。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

VITAS [ロシアねた]

仰天のロシア人歌手を、偶然にも知ってしまった。

何者だこの人は!
歌も上手いけどパフォーマンスもスゴイ!(笑)
エキセントリックすぎる!
どういう喉をしているんだろう?!

↓殆どサーカス。

↓ この歌は最後のロックテイストになったところからがスゴイ。

↓オペラ風。

ただただ、仰天・・・・・・・・・・・・・・。

思わずCD注文しちまったわ( ̄ω ̄;)

残念ながら、日本では出に入らないので、ロシアのCDを販売しているネットで注文しました。

ロシアでは有名な人らしい。
カウンターテナーの類ですが、実に幅広い活動をしているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Vitas

さすがロシア。
やっぱりロシア。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロシアのサイトで見たシュールなニュー・イヤー画像 [ロシアねた]

ロシア語ではノーヴィ・ゴーダ(ニュー・イヤー)と言うのですが・・。ガゼータという、ロシアでは有名なネット新聞のサイトで出していた広告です。
・・絶句( ̄ω ̄;)




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エルミタージュ美術館で盗難 [ロシアねた]

日本では私の知る限り、TVニュースや新聞では全然報じていないけど、エルミタージュ美術館で大変な額に相当する盗難があったことが分かったそうです。
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060801/20060801a3180.html
(こうしてネットでは日本でも報じてました)

私はロシアのニュースを見てて知ったのですが、盗難がいつ起きたのかは分からないそうです・・それってある意味スゴイ・・^^;

職員が不審な死を遂げています。『ダ・ヴィンチ・コード』も真っ青ね。さすがロシア。それでもエルミタージュ美術館、もう一度行きたいなー。冬のロシアに行くのも夢です。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボリショイサーカス [ロシアねた]

招待券をいただいたので行ってきました♬
う~ん子供(というより幼児)ばっかし^^;とっても賑やか~~。

レベルの高さでは世界屈指のボリショイサーカス、さすがです。空中ブランコやアクロバット、ジャグラー(5、6歳の少年少女がやるローラーバランスには本当に驚いた!)、犬や熊のサーカス、衣装が一瞬で変わるマジックショー・・そしてラストは”ジンガロ”みたいな馬と人のアクロバット。

特に息を呑んだのは、長い棒を足につけたまま空中回転したり、10Mくらいの長さのステッキの先に掲げた椅子の上にジャンプして座るアクロバット団や空中ブランコ団。もう拍手するの忘れてボー然と見てました。観客が一瞬静まり返る場面も・・。

こういう人たちは、恐いと思ったら絶対失敗するんだろうね。「絶対に出来る」ということだけ考えてやるんだろうね。

動物は熊の縁起が楽しくて可愛いw カゴを持って二本足で歩く姿がオバサンのよう。

公演中は撮影できないのでプログラム写真を。
それにしてもプログラム高い・・薄いのに千円。しかも中身がこんな(写真)。出演者のプロフィールとか見たかったのに絵本化しとる(涙)。しかもセンス悪い・・。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

pig オリンピック [ロシアねた]

ちょっとちょっと(^o^)/

モスクワで3年に一度のブタのオリンピックが開かれています。水泳とサッカーとランニング(要するに駆けっこ?)の3種目で、サッカーは鼻を使ってやるそうな(笑)。
か・・可愛すぎて死ぬ。ブタ好きの私にはたまらないです・・。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台「巨匠とマルガリータ」 [ロシアねた]

私の好きなロシア文学「巨匠とマルガリータ」(ブルガーコフ著/群像社)。以前、日記にも書いたTV版(多分、映画ではない・・と思う)は日本では放映予定がなさそうだが(大泣)、モスクワのユーゴザーパド劇場が舞台版を公演するのでチケットを買い、昨夜観て来ました。

この小説、奇想天外で不条理で悪夢的=私好み。
かいつまんで説明すれば、モスクワに悪魔の一味が降りて来て街を混乱に陥れる話なのだが、読んでいてこれほど想像力が広がる話には、他ではちょっとお目にかかれない。登場人物も場面も多いので、映像で観たい感覚がむずむずと沸き起こる。しかし、舞台だとCGは使えないし、どうやって??

特に私が期待していた場面は、
1・冒頭で編集者ベルリオーズが路面列車に轢かれ、首が切れて転がる。
2・太った黒猫のべゲモート(人語を話し、直立して歩く)が劇場で司会者の首をもいで又元に戻す。
3・マルガリータが体にクリームを塗ると体が宙に浮き、一糸纏わぬ姿で夜のモスクワの街を飛ぶ。
4・マルガリータが悪魔の舞踏会に招待される。
5・ラスト近くでべゲモートが人間に化ける。

・・などなど。結果、

1の場面は「首が転がった」と語りの役者が台詞を言う傍で、アルミ板の向こうにベルリオーズが消えていくという手法。

2の場面はなかった(涙)。代わりに手品。これは観客サービス?!

3の場面は薄い布一枚を纏ったマルガリータが”飛んでいる”つもりで舞台を舞っているだけ。

4の場面は物語のクライマックス。さすがに圧巻。裸の男女(皆、最低限のものは纏ってました)が不気味にうごめく中、マルガリータが悪魔ヴォランドに髑髏の盃で血を飲まされる・・。

5の場面はなかった(涙)。

私が好きなキャラクターは猫のべゲモート。演じていたのは太ったオジサン俳優で猫っぽいメイクをしていたので分かった。でももっと猫らしくても良かったのに・・。原作を読んでいるだけに、ここはこうして欲しい!とか色々勝手な要望は沸いてきた。でも、ロシア演劇ってやっぱり面白い。いくらでも大道具や小道具、CGが必要になってくる場面が多い物語だからこそ下手な演出は避け、敢えて最小限に抑えてある。舞台装置はアルミの板が5枚吊り下げてあるのみ。この板が、ときに効果音や証明の役割を果たしている。

冬が長い国は芸術が素晴らしいなあ~~。
(なんと7時から始まって終演が10時半!これでも省略された場面があった)
TV版の予告編はこちら
mms://video.rfn.ru/masterimargarita/masterimargarita_720.asf


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

巨匠とマルガリータ [ロシアねた]

今日は悪夢的ロシア文学の話。
どうやら自分好みな感じがして、前から読もうと思いながら本の購入には至っていなかったロシア文学「巨匠とマルガリータ」(ブルガーコフ作)。これはハッキリ好き嫌いが分かれそうな前衛的な作品。

ロシアでは最近、連続ドラマ(?)として放映されるらしく、かなり大々的に宣伝している。
その予告編をネットで観たら、やはり・・!メチャメチャ私の趣味と好み。
透明人間や直立して歩く黒猫(悪魔の化身らしい)が出てきたり、馬車や人間が空を飛んだり、妖精のような女性たちが夜の森で何かまじないをしていたりする。

mms://video.rfn.ru/masterimargarita/masterimargarita_720.asf
↑開けるかなぁ^^;別ウィンドウが出るはずだけど・・リンク貼れないのでコピペしてください。
NHKや民法BS、韓流ドラマはもういいから、是非このドラマを放映してくだされ~~(涙)。 それで、お正月はこの本を読んで悪夢にうなされる予定。

ロシア版TV公式サイト
http://www.masterimargarita.ru/

本の購入なら。↓

巨匠とマルガリータ


巨匠とマルガリータ (上)


巨匠とマルガリータ〈下〉第2の書


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オンライン翻訳の怪 [ロシアねた]

趣味でロシアのサイトを毎日見ている。ロシア語は多少分かるが、最近は不精してオンライン翻訳を使ってしまう。しかし、このオンライン翻訳、翻訳結果を読んでもまるで意味不明の日本語。結局、辞書をひくこともしばしばだけど、何についての記事かくらいは分かるので利用している。
それでも、翻訳結果に頻繁に登場する単語その他でどうしても分からないものが多い。それは何かと言うと、

●ゆで団子
●追求の狼人間(又はただ”狼人間”)
●ずっと昔に忘れてしまった
●不潔不潔
●私たちをリコールすることを許可しなさい
●白雲母
●ヒステリーの発作

まあね・・英→日だとブッシュを「潅木」と訳するオンライン翻訳なので、恐らく何か直訳とかした結果なのだろうけど・・。内容的にその単語と全く関係のない文に登場するので、どうしてもワカランのですよ・・^^;
私はロシア語→日本語で私用していますが、面白いので試してみては?
http://www.worldlingo.com/en/websites/url_translator.html
試し用に、ロシア語のサイト(笑)
http://www.mk.ru/common/gpartition1.asp


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロシア語 [ロシアねた]

ロシア語のアルファベットはキリル文字と言って、英語のアルファベットより数が多い。この文字で人の名前が書かれていると、英語表記とあまりにかけ離れたビジュアルに驚かされることもしばしば。ハリウッドスターの名前なんか特に。

例えばこれ。何て読むでしょう?

Арнольд Шварценеггер

ヒント1・映画スター以外の顔も持ってます。
ヒント2・マッチョです。
ヒント3・この人が好き、って言う人はあまり居ない。
ヒント4・カリフォルニア


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ロシアねた ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。