So-net無料ブログ作成
検索選択
映画のこと話そう! ブログトップ
前の10件 | -

『パイレーツ・・』取材爆笑画像 [映画のこと話そう!]

爆笑ってほどでもないですが・・。

一昨日の記者会見時にもらったコラボ商品の案内の中にこんなものが。チーかま??ジョニーとオーリーがかまぼこに??様々なコラボ商品&キャラグッズの中でこれだけ異常に浮いてました・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』レッドカーペット取材の雑記 [映画のこと話そう!]

取材の仕事でやってきました。
午後5時過ぎ・・日本武道館に着くと、女の子ばっかり大変な人出。
「同行してくださる人探してます」という札を持った人がチラホラ・・同行してくれる人って・・どういう意味?

いよいよレッドカーペット入場開始!
初っ端はデイビィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)があの扮装でドライアイスの中から登場。会場中大騒ぎ!そして・・一旦退場。

5分後・・ビル・ナイ登場。普通の姿・・。

さっきのは誰だったんだ?!(爆)

ビル、日本語で挨拶。
会場から「可愛い~」の声が・・(=_=;)

ビル・ナイに続いて、記者会見に出席したスタッフ・キャスト(ジェリー・ブラッカイマー(製作)、ゴア・ヴァービンスキー(監督)、ジョ二ー・デップ、オーランド・ブルーム、チョウ・ユンファ、ジェフリーラッシュ)らが入場(順不同)。 

一人一人の入場の間、物凄く時間とってます。
しかもレッドカーペットでは取り囲んだファンたち(恐らく抽選で当たった人たち)のサインや握手に応えているので、全員が回りきるまで1時間かかりました。オーリーが特にサービス精神に富んでおり、もれなくサインに応じ、四方に顔を向けてウインクをするほど(笑)。ちょっと動くだけで黄色い声が・・。人気の程はジョニーと同等くらい。

ジョニー入場の際は爆発でも起きたかと思うほどの歓声だった。

我々プレス席からは遠かったのでよく見えず、この1時間が物凄く長く感じました。
写真を撮っていたので私も撮影しましたが、実は撮影してはいけなかったらしい。係のお兄さん、バイトなのか皆バチバチ撮ってても何も言わず・・終わり頃に偉そうな人が来てストップかけた。事前にうるさく言われたわりには荷物検査もなく、結構警備が甘い。マスコミ関係者は本編上映開始前に退場しなければいけないのだが、多分プレスカードを首から外してそのまま居残ってもバレなかったと思う。でも、どちらにしても3時間近い映画を観る気力はないので素直に帰りました。

しかし・・映画スターってほんと大変だわ・・完全サービス業・・などと、色々考えさせられた時間でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この映画とオペラ観たい~~。 [映画のこと話そう!]

リンクだらけで申し訳ありませんが・・。

『ザ・フライ』がオペラになるらしい!
是非観たい!!
http://www.afpbb.com/article/1345334

それから、最近ロシアのサイトでよく取り上げられているロシア製ホラー映画『Dead Daughters』。
これ、日本で公開予定はないのかしら・・検索しても日本語の記事があまり出てこない・・観たい・・。

関連記事はこちら。
http://context.themoscowtimes.com/stories/2007/02/02/101.html

公式サイトはこちら。
http://www.theddmovie.com/

クローネンバーグ版『ザ・フライ』のDVD購入はこちら↓

ザ・フライ <特別編>


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

これ早く観たい! [映画のこと話そう!]

アカデミー賞に6部門でノミネートされている、ギレルモ・デル・トロメキシコ監督のメキシコ映画『パンズ・ラビリンス』。ホラーファンタジーだそう。

以前、ロシアのサイトを見ていたら写真が出ていて(これとは違う写真)、すごーく興味があった。
既に数々の映画賞を獲得、アカデミー賞にもノミネートされていたとは。

映像的に自分好みな予感。
日本では秋公開予定だそう(かなり先じゃ・・)。
試写で観られるのは夏ごろかしら?
請うご期待。


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

映画検定合格!!!!!! [映画のこと話そう!]

12月に受験した映画検定、とりあえず4級ですが・・無事合格しました。殆ど何も勉強せず挑んだのですが、全60問中、正解は57問(ぐやじい)、成績は上から10番目でした。次回は3級受けようかな~かなり難しそうだけど・・。


nice!(0) 
共通テーマ:映画

”これが食べたい”映画 [映画のこと話そう!]

最近、ファーストフードではない、”ちゃんとしたハンバーガー”が食べたくて仕方ない(笑)。
イメージは『パルプ・フィクション』でユマ・サーマンとジョン・トラボルタが行った”ジャックラビットスリム”。このトンでるお店でユマが(上品に)食べるハンバーガーが美味しそう。このときの会話がよかった・・「私がトイレに行ってる間に面白い話を考えておいて」とか・・他に変な話もしてるけど(笑)。

そんで、あのダンスを踊って優勝するわけね。

昔、NYに行ったときにブルースウィリスらが経営する「プラネット・ハリウッド」というイカレタ店に行ったけど(店員がローラースケート履いてた)、ここも今思うとジャックラビット・・的な店だったのかも。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

観なきゃと思ってるのに観られない映画(恐いから)。 [映画のこと話そう!]

園子温『自殺サークル
パゾリーニ『ソドムの市』
熊切和嘉『鬼畜大宴会
トビー・フーパー『悪魔のいけにえ』

観たいような観たくないような。
上記2作品に限っては好きな監督のものなので観たい(しかも彼らの一番有名かもしれない作品でもある)。『ソドム・・』はマルキ・ド・サドの原作本まで持っているのに映画は観る勇気がない。 

熊切監督の『鬼畜・・』は公開当時噂には聞いていたけど、あまりに衝撃が強いらしく、また観る機会もなかった。ここ数ヶ月、嫌な出来事が続いたので悪夢にうなされる日も多く、園悪夢の一つにこの『鬼畜・・』が出てきた。映画は未見なので、勿論夢の中の映像は私の想像でしかないのだけれど。でもすごーーーく嫌だった!!!!!!(大泣)。ハッと目が覚めて、又眠るのが恐かったくらい。

『悪魔のいけにえ』は、いわゆる脅かし手法を用いた安っぽいホラーとは違ってフィルムはNY近代美術館に保管されているくらいの作品なのだけれど、この間『テキサス・チェーンソー ビギニング』を観てビビった私にこれが平気だと言えるだろうか・・。

とか言いながら
フェリーニサテリコン』(今、変換したらサテ離婚と出た)やデビッド・リンチ『イレイザーヘッド』が大好きで、mixiではケン・ラッセルコミュの管理人までしている私。ホラーがアートに転じていればかなり好きなんだけどなー。

ここでご紹介したDVDはこちら。恐い・・(涙)


自殺サークル


パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版)


鬼畜大宴会<デラックス版>


悪魔のいけにえ スペシャル・エディション コンプリートBOX(3枚組)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チャップリン特集! [映画のこと話そう!]

BSでチャップリン特集をやっている。チャップリンは私が映画好きになった原点のようなもの。どの作品も何度も観ていてビデオも持ってるのに、TV放映のたびに観てしまう。因みに、ビデオは繰り返し見すぎてテープが切れ、それでも無理やり繋いで見ていたくらい。私の頭の中にはチャップリン映画のフィルムがストックされています。

チョビ髭、山高帽、ドタ靴の浮浪者姿だと分かりにくいけど、よく見るとキザなくらいいい男。実際、この人の女性遍歴も有名だものね。

物凄く笑えるのに、『モダンタイムス』『独裁者』あたりになると、単なるブラックユーモアでは済まされないほど壮絶な風刺が込められている。それでも、一貫して変わらなかったのは希望に満ちたラスト(『殺人狂時代』だけ違うかも)。チャップリンの映画を観ると幸せな気持ちになれる。

私はチャップリンが嫌いな人とは結婚しません。

参考DVDの購入なら↓

独裁者


ライムライト


チャップリンの黄金狂時代


街の灯 コレクターズ・エディション


キッド・コレクターズ・エディション


モダンタイムス コレクターズ・エディション


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トラウマになった映画と26年ぶりに再会 [映画のこと話そう!]


皆さんは、トラウマになった映画というのはありますか? 
私はずっと昔に一度だけ、あります。

小学校低学年の夏休み。親に連れられ、渋谷の児童館で『ウォーターシップダウンのうさぎたち』というイギリス製のアニメ映画を観ました。それまで動物が主人公のアニメというとディズニー映画をイメージしていたのは私だけではないはず。でも、この映画は違っていたのです。可愛いウサギさんなんかじゃない。「ウサギ」より「兔」と書いた方が良さそうな、非常に写実的で、骨っぽくてゴツゴツしたウサギでした。一般的にも、日本ではアニメというと子供向けという概念がありますが、少なくともそれが覆された映画だったはずです。

この映画、リチャード・アダムス著の同名小説が原作で、イギリスでは『指輪物語』『ナルニア国物語』に並ぶ傑作ファンタジーとして知られています。書店では「児童文学」のカテゴリに分けられていますが、はっきり言って子供向きじゃないです。簡単に言えば新天地を求めて旅をするウサギたちの話なのですが、人間社会を象徴した内容で政治的な部分も強い。ウサギの世界にも派閥があって、主人公たちを追いかける悪い将軍は独裁者なのです。しかも、ウサギ界の神話やウサギ語なんかも出てくるから、小学生には難解。せいぜい、高校生以上からかと。そんなわけなので、原作も知らずに映画を観た当時はストーリーも分からないものだから、絵のインパクトが強すぎた。暴力的で、流血シーンも多く、会場内では泣き叫ぶ子供や出て行く親子が沢山。私もあまりの恐ろしさに夜も眠れず、3本線を見るたびにウサギの爪痕を思い出し、その後10年位パンフレットを開くこともできないまま過ごしました。どういうわけか日本ではビデオ化(DVD化)されていないこともあって、その情報量の少なさから余計恐怖感が増し、自分の中で幻の映画となったままでした。

そのうち大人になってこの仕事を始めて、恐い映画も含め色々な映画を観るようになってから、今又あの映画を観たらどう思うか、と考えるようになったのです。どうしてももう一度観たくて色々調査しました。すると、あの映画はアニメ映画史上に残る名作であり、アート・ガーファンクルが歌う挿入歌" Bright Eyes"はこの映画のために作られたもので大ヒットを記録していることなどが分かりました。しかも、私と同じように子供の頃に観てトラウマになったが(ウサギ嫌いになった人も・・)今改めて観てみたい、DVD化希望!と訴えている人が何と多いことか!tanomi.comでもスレッドが出来てました。mixiでもコミュがあり、ついにDVD発売との情報をここで知ったのです(即予約、購入)。

それで、先ほど26年ぶりに観ました(年がばれる)。

美しい・・。ブルーやグリーンを基調にした水彩画のような背景画がとても見事。草花の描き方がボタニカル・アートのよう・・幼かった当時は全然気を配らなかった部分です。でも、やっぱり恐い。特に将軍の顔、恐すぎ。ラストの戦闘シーンは激しいバイオレンス。さすがに子供の頃のようなショックは受けなかったけど、これはお子さんに見せちゃいけませんね、絶対泣かれます。それでも映画の完成度の高さは今もって新鮮。CGアニメ映画よりはるかに衝撃的、どんなアニメ映画より観る価値があるかも。機会があったら皆さん是非観てください。

↓英語サイトですが、ここで各シーンの絵が見られます。赤字部分は「写実的なので注意が必要=残酷だから覚悟してね」らしいです。本国の批評でも子供向きではないとあります。
http://www.therabbitbungalow.com/watershipdown/gallery.html

黒いウサギの画像はポスターデザイン。綺麗。

DVD・本の購入はこちら。↓

ウォーターシップダウンのうさぎたち コレクターズ・エディション


ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈上〉


ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈下〉


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『悦楽共犯者』 [映画のこと話そう!]


1996年/チェコ共和国・イギリス・スイス合作
監督/ヤン・シュヴァンクマイエル

私が敬愛する映像作家、ヤン・シュヴァンクマイエルの作品を観たのは確かこれが最初。これ以降はまって、彼の作品に夢中になった。映画と言うより映像芸術。粘土や小物を動かし、静物が生き物のように動く映像はシュールでブラックでユーモラス。
本作『悦楽共犯者』は、彼らしい茶目っ気のあるエロスで満たされた世界。様々な職業の様々な人が、それぞれオリジナルの”自慰行為”に耽るさまを覗き穴から見るように綴っている。これがノーマルな自慰行為ではない。日頃から憎らしいと思っている隣人そっくりの人形を作り、ニワトリの覆面をして脅かす男、鼻の穴に丸めたパンをつめて恍惚とする女性、ブラシ状のものなら何でも良し、これにくすぐってもらうのが好きな男・・。でもこれらの行為には誰でも思い当たるものがあるかもしれない。幼い頃から自分にしか感じ得ない快感ってあるでしょう?

All right reserved.copyright(C)The Museum of Modern Art. Kamakura&Hayama.2005

本作のDVDはこちらで購入できます↓

ヤン・シュヴァンクマイエル 悦楽共犯者


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画のこと話そう! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。