So-net無料ブログ作成
映画(ミュージカル) ブログトップ

『プラハ!』 [映画(ミュージカル)]


チラシだけ見るとアンナ・カリーナやマリアンヌ・フェイスフルあたりが全盛期の昔のフレンチポップスムービーかと見紛うが、れっきとしたチェコ映画。しかも製作は2001年。監督は、あの『ひなぎく』('66)のヒチロヴァーに教えを受けたフィリプ・レンチ。”プラハの春”を謳歌していた時代を舞台に描かれる、レトロでお洒落な恋愛ドラマだ。

1968年夏。プラハの春と呼ばれたその時代。卒業を控えた女子学生テレザと2人の女友達は燃えるような恋に憧れている。一方、社会主義体制に反対しアメリカ亡命を夢見て脱走した若い兵士のシモンと2人の友人。彼(彼女)らが互いに出会い、シモンとテレザは一目で恋に落ちる。6人は楽しい日々をすごすが、パーティで一夜を明かした翌朝、国境を越える列車に乗り込もうと慌てるシモンたちを見て、テレザたちはようやく彼らの正体を知る。しかしシモンだけは、追っ手が迫っているのにも関わらず、テレザのために一人残る。しかし同じ頃、平和だったチェコスロバキア国内にソ連軍率いるワルシャワ条約機構軍が侵攻を開始する・・。

古い世代には懐かしく、若い人には新鮮な、当時の流行歌をふんだんに使用。ミュージカルシーンもあり、楽しげなシーンの中で繰り広げられる甘いラブストーリー。しかし、その影にはチェコスロバキアが背負ってきた傷跡が隠されている。これがフランス映画だったら見かけだおしの甘甘ムービーで終わっていたところだが、華やかさと苦味の対比が、テレザの一夏のビター&スウィートな恋と重ねられているところに注目したい。実はこれ、社会派な映画でもあるのだ。チェコの歴史を知らなくても充分に楽しめるが、知っていた方が本作の魅力が分かるのは確か。戦争を繰り返して成り立ったヨーロッパの一部を、勉強気分でなく観ることが出来る。

REBELOVE
2001年チェコ
監督:フィリプ・レンチ
出演:ズザナ・ノリソヴァー、ヤン・レーヴァイ、ヤロミール・ノセク、アルジュヴェタ・スタンコヴァー

GW、シネマ渋谷Q-AXにてレイトショー


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『RENT』 [映画(ミュージカル)]

1996年2月にNYダウンタウンの小劇場で初演された同名ミュージカルの映画化。リアルなストーリーとロックをベースとした音楽に観客たちは興奮、瞬く間にブロードウェイの大劇場へと進出した。その後、ト二ー賞をはじめ数々の演劇賞を総なめ、ミュージカルでは異例のピュリツァー賞まで受賞した。実はこの物語はプッチーニのオペラ「ボエーム」を原案に、現代のNYに生きる芸術家の卵たちを主人公にしている。ヒロインの名はやっぱりミミ。彼女がろうそくの火を求めて上の階に住むロジャーの元にやってくる最初の出会いも、オペラと同じだ。

主要キャラクターは・・
●ナイトクラブのダンサー、ミミ
●かつて人気ロックバンドの一員だったロジャー
●ドキュメンタリー映像作家を目指すマーク
●哲学者のコリンズ
●ドラッグクイーンのストリート・ドラマー、エンジェル
●かつてロジャーとマークのルームメイトで、今は資産家の娘と結婚してロフトの大家となったベニー
●マークの元恋人で自由奔放な性格の、カリスマパフォーマンス・アーティスト、モーリーン
●モーリーンの新しい恋人(女)で弁護士のジョアンヌ

彼らの恋を中心に、複雑に絡み合う人間関係が描かれる。
オペラでもそうだが、ストーリーより音楽(笑)。『RENT』では、8人のキャラクターのうち半分がHIV感染者という設定。更に、同性愛、ドラッグ、犯罪、貧困、友の死など、今のNYを這いつくばるようにして生きている若者にはリアルなキーワードが沢山ある(日本人にはリアルじゃないかも・・)。

音楽はダイナミックで引き込まれるけど、ミュージックビデオを観ているような感覚にもなった。舞台の方が迫力があるかもしれない。ロジャーは8人の中で最も主役級に近いが、何故か地味な印象(演じるのは舞台版でも活躍したアダム・パスカル)。マーク(アンソニー・ラップ)の方が個性が強く出ていた。ミミを演じるのは『シン・シティ』でも強烈な印象を残したロザリオ・ドーソン。今後の活躍が楽しみな女優だ。日頃から、黒人の人たちの音やリズムに対する感覚は天性のものがあると思っていたが、本作でも改めて感じた。ジョアンヌ(トレーシー・トムズ)やベニー(テイ・ディグス)、コリンズ(ジェシー・L・マーティン)を演じる役者たちの歌の上手さは群を抜いている。魅力的なキャラクターだったのはエンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・へレディア)。彼女(彼?)の存在なくしては、この映画は成り立たなかったかも。
監督は『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバス。尚、本作は35歳の若さでプレビュー公演前日に急死した、脚本・作詞・作曲を手がけたジョナサン・ラーソンに捧げられている。

RENT
監督:クリス・コロンバス
出演:アダム・パスカル、アンソニー・ラップ、ロザリオ・ドーソン、トレーシー・トムズ、テイ・ディグス、ジェシー・L・マーティン、ウィルソン・ジェレマイン・へレディア、イディナ・メンゼル
音楽:ジョナサン・ラーソン

4月、Bunkamuraル・シネマ他にて公開

サントラ購入はこちら↓

レント


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画(ミュージカル) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。