So-net無料ブログ作成

『ファウンテン 永遠に続く愛』 [映画(・・・?)]

ヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズ。共に好きな男優・女優なのでヒイキ目に観てしまったのだが・・。 ひじょ~~~に受け止めるのが難しい映画。何しろ、監督が『π』『レクイエム・フォー・ドリーム』のダーレン・アロノフスキーなので、普通の映画ではないだろうと思っていたが。これは・・ううーん^^;

新薬開発の研究に没頭する医師トミーと、病に冒されたその妻イジー。イジーは残されたわずかな時間を夫と過ごしたいと願うが、トミーは妻を救いたい一心で研究の方を優先してしまう。その冷静さを欠いた没頭ぶりに、研究チームはトミーに数日間の休暇を言い渡す。イジーはトミーに自分の書いた未完の物語「ファウンテン」を渡して「あなたが完成させて」と言う。その物語は、中世スペインを舞台に、高潔な騎士が女王の命を受け、永遠の命を約束すると伝えられる”ファウンテン(生命の泉)”を探す旅が描かれていた。そして、ついにイジーの「そのとき」がやってくる・・。

ヒュー・ジャックマンは3役、レイチェル・ワイズは2役を演じている。イジーが書いた物語「ファウンテン」の騎士トマスと、現実の医師トミー、そして彼の思想上(?)のシーンに登場するトム。最も象徴的立場で描かれるのがトムだ。トムのシーンは現実離れしていて、この世の場所でない何処かに彼は居る。ラスト3分の一は彼のシーンなので、ある意味映画的でない(PVみたい)映像についていけなくなる人も絶対多いと思うし、実際、私も戸惑った。それでも私は、少なくともこの映画を理解したいと感じ、好感を持った。ただし、ある一つの価値観や哲学をそのまま映像化したような内容でありながら具体的なストーリーも存在するので、非常に感情移入がしにくい。同じ場面を繰り返す箇所も何度かあり、話の順序も混沌としている。簡単に言えば、手塚治虫の「火の鳥」のような内容。

ヒュー・ジャックマンはこれまで見せたことのないほどの熱演(スキンヘッドは似合わないけど・・)。レイチェル・ワイズはよく見るとそんなに美人ではないのに何故か美人の印象を与える不思議な女優。そして2人に共通しているのは品のよさ。うまく言えないのだけれど、そんなことも手伝ってか「本当はこの映画、それほど悪くないはず」と思った。でも、タイトルとポスターデザイン(日本版の)を見て勘違いする人も多いだろうな・・特に中高年の女性・・心配だ・・。

キーワード;
望遠鏡、初雪、星、”シバルバ”、結婚指輪、猿、アダムとイヴ、生命の泉、死

THE FOUNTAIN
2007年アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ、エレン・バースティン他

7月14日(土)より銀座テアトルシネマ他にて全国公開


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウエストのシュークリーム [食べ物]

銀座ウエストのシュークリームが美味しい。
カスタードが殆ど隙間なくギッチリ詰まって食べ応えあります。

最近のパティシエ&洋菓子ブームで気どったケーキばかり巷に溢れているけど、意外にも「また食べたいなー」と思うものに出会うことは少ない。その点、こういう昔ながらの素朴な味わいはやっぱり飽きることがない。

ウエストはクッキーも美味しいし、ミルフィーユやエクレアもおススメ。それから、ジンジャータルトも激ウマです!
生菓子以外はデパ地下でも買えるので是非一度ご賞味を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソフトクリームネックレス [好きなモノ]

Q-pot.の新作です。
クリームとコーンの部分はセパレーツで、色違いと組み合わせることが出来ます。
しかし、最近のQ-pot.人気は凄まじい・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

バレエ「コッペリア」 [その他・雑談]

1週間前のことですが、神木君のインタビュー※
http://blog.so-net.ne.jp/hanamomimo/2007-05-20
※の日の夜、新国立劇場での「ローラン・プティのコッペリア」の公演に行った。
ローラン・プティと言えばフランスの有名なバレエダンサーにして振付師。私が子供の頃(小学生位)、TVで「コッペリア」の舞台を放送していて、その面白さの虜になった。録画したビデオを繰り返し観て、今でもドリーブのこの音楽を一度たりとて忘れたことがない。

音楽と振り付けがいいのでやっぱり何度観ても楽しい。
人形を人形と知らずに恋した青年フランツと、彼に恋する娘スワニルダ、そしてスワニルダに横恋慕する老いた人形師コッペリウスの物語で、問題の人形”コッペリア”がスワニルダに似せてあるという設定がミソ。スワニルダはコッペリウスの家に好奇心から忍び込み、そこでコッペリアを見つけフランツが恋しているのは人形だと分かる。一方、フランツもコッペリア目当てでコッペリウスの家に侵入し、コッペリウスに魔法をかけられ意識を失う。コッペリアに化けたスワニルダがフランツを助け出し、めでたしめでたし。コッペリウスは失恋・・という結末。

このバレエ、どういうわけか滅多にやらないので貴重。
5、6年前にやはりローラン・プティ版コッペリアの来日があり、いい席でこの公演を観ることが出来た。このときの感動といったら・・!キーロフ版をTVで観たことはあるが、有名なのはこのプティ版だし、キュートでユーモラスな振り付けオリジナリティに富んでいる。センスの良さもダントツ。

今回の公演は、主役のコッペリウスとフランツ役のダンサー以外は日本人。前回はローラン・プティ自身がコッペリウスを踊っていたが、もう大分歳だと思うので今は振り付けだけに徹しているのかも。でも、もう一度彼が踊るのを観てみたいな~。

今回のもよかったけど、やっぱり前観たときの感動には劣る。しかも、ラストの結婚式の場面でフランツがスワニルダを空中回転させる際にスワニルダを落としてしまうアクシデントが発生!惜しかった^^;

因みに「コッペリア」の基になった話はホフマンの「砂男」という怪奇小説。こんなに可愛らしい物語に変貌するなんてビックリ。

画像はロビーで販売していたプチシュークリーム。たこ焼きではありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『パイレーツ・・』取材爆笑画像 [映画のこと話そう!]

爆笑ってほどでもないですが・・。

一昨日の記者会見時にもらったコラボ商品の案内の中にこんなものが。チーかま??ジョニーとオーリーがかまぼこに??様々なコラボ商品&キャラグッズの中でこれだけ異常に浮いてました・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』レッドカーペット取材の雑記 [映画のこと話そう!]

取材の仕事でやってきました。
午後5時過ぎ・・日本武道館に着くと、女の子ばっかり大変な人出。
「同行してくださる人探してます」という札を持った人がチラホラ・・同行してくれる人って・・どういう意味?

いよいよレッドカーペット入場開始!
初っ端はデイビィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)があの扮装でドライアイスの中から登場。会場中大騒ぎ!そして・・一旦退場。

5分後・・ビル・ナイ登場。普通の姿・・。

さっきのは誰だったんだ?!(爆)

ビル、日本語で挨拶。
会場から「可愛い~」の声が・・(=_=;)

ビル・ナイに続いて、記者会見に出席したスタッフ・キャスト(ジェリー・ブラッカイマー(製作)、ゴア・ヴァービンスキー(監督)、ジョ二ー・デップ、オーランド・ブルーム、チョウ・ユンファ、ジェフリー・ラッシュ)らが入場(順不同)。 

一人一人の入場の間、物凄く時間とってます。
しかもレッドカーペットでは取り囲んだファンたち(恐らく抽選で当たった人たち)のサインや握手に応えているので、全員が回りきるまで1時間かかりました。オーリーが特にサービス精神に富んでおり、もれなくサインに応じ、四方に顔を向けてウインクをするほど(笑)。ちょっと動くだけで黄色い声が・・。人気の程はジョニーと同等くらい。

ジョニー入場の際は爆発でも起きたかと思うほどの歓声だった。

我々プレス席からは遠かったのでよく見えず、この1時間が物凄く長く感じました。
皆写真を撮っていたので私も撮影しましたが、実は撮影してはいけなかったらしい。係のお兄さん、バイトなのか皆バチバチ撮ってても何も言わず・・終わり頃に偉そうな人が来てストップかけた。事前にうるさく言われたわりには荷物検査もなく、結構警備が甘い。マスコミ関係者は本編上映開始前に退場しなければいけないのだが、多分プレスカードを首から外してそのまま居残ってもバレなかったと思う。でも、どちらにしても3時間近い映画を観る気力はないので素直に帰りました。

しかし・・映画スターってほんと大変だわ・・完全サービス業・・などと、色々考えさせられた時間でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『オフサイド・ガールズ』 [映画(社会・世界)]

イラン映画と言えば子供を主役にしたものが多い。女性を主役に出来ない、恋愛モノはタブー・・というのが理由だが、結果的に癒しオーラで包まれた心温まる作品として印象を残すことが多い。本作『オフサイド・ガールズ』は、そんなイラン社会で生きる女性たちが日常においていかに抑圧されているかをユーモラスに描いた内容。監督は『白い風船』のジャファル・パナヒ監督。

イランでサッカーは国民的スポーツ。男性だけでなく、女性もサッカーファンだ。でも、女性がスタジアムで観戦することは禁止されている。とはいえ、今日は代表チームのドイツワールドカップ出場がかかった大事な試合。どうしてもスタジアムで見たい!そこで少女たちは男装してスタジアムに潜り込むが、あっさりとバレてしまい・・・。

従来のイラン映画のイメージを覆す・・というと大袈裟だが、女性がここまでワーワー騒ぎまくるイラン映画は初めて観た。どの子も生き生きと輝いている。場面展開はあまり多くなく、大きく分けてバス→スタジアム→バス(護送車)。特にスタジアムで彼女たちを拘束した兵士たちとのやりとりにはかなり長く時間をとっている。勿論、その間色々と起こり、トイレ一つ行くにもあり得ないほど大騒ぎ(女性用のトイレがないのだ)。囲いの中でお喋りを始めて隊長を困らせたりする。試合終了をラジオで知り、護送車の中で抱き合って喜ぶシーンから一気にラストへ。非常に気持ちのいい、それこそスポーツの後のような爽やかさに満ちた快作だった。しかし、その一方でイランの女性がいかに自由を剥奪されているか考えさせられる面も・・。
笑いを提供しながらもさり気なく社会問題を提起しているところが、ぬかりない。
少女たちの男装姿が見もの。

キーワード;
フェイスペイント、ワールドカップ、実況中継、トイレ、軍服、ラジオ、爆竹

OFFSIDE
2006年イラン
監督:ジャファル・パナヒ
出演:シマ・モバラク、サファル・サマンダール、シャイヤステ・イラニ、Mキェラバディ他

8月下旬、日比谷シャンテシネにて公開


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『シュレック3』 [映画(アニメーション)]

今回より配給元が変わったこのドリームワークスの大人気シリーズ、実は1と2を公開した頃は前の配給会社と縁がなくて試写を観ていない。そのまま観る機会もなく、先日DVDをレンタルに行くも全部貸し出し中。つまり、突然3から初めて観たわけです(爆)。あ、勿論予習はしました。

幸せな生活を送っていたシュレックとフィオナ姫。ところが父王が病に倒れ、フィオナ姫は妊娠が判明。後継者&パパになるプレッシャーに大慌てのシュレックはもう一人の後継者とされるアーサーを探す旅に出るが、王座を狙うチャーミング王子の陰謀に阻まれて・・・。

ユニークなキャラクターたちが続々と飛び出し、スピード感もたっぷり。しかし・・思っていたより面白くないんだよな^^;1と2もこうなのかしら?自分がクレイアニメなどの素朴なタイプが好きだからというせいもあるかもしれないが・・。
シュレック自身はおとなしくて地味なキャラなので、脇役たちが盛り上げている。特にフィオナ姫と彼女の友達(?)”お姫様軍団”の活躍ぶりが見もの。白雪姫の”森の仲間アタック”や眠れる森の美女の”眠りトラップ”、シンデレラの”ハイヒールブーメラン”など、それぞれスゴ技を持っている。

個人的には長靴をはいた猫がクールでカッコイイので好き。ピノキオもキュート。それにしても・・人間のキャラが可愛くない(=_=;)

キーワード;
お世継ぎ、赤ん坊、悪役、魔法学校、船、王冠

Shrek The Thrid
2007年アメリカ
監督:クリス・ミラー
声の出演:マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、アントニオ・バンデラス、エディ・マーフィ、ジュリー・アンドリュース、ルパート・エヴェレット、ジャスティン・ティンバーレイク他

6月30日より全国公開


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

再び新丸ビル&またもピアスを落とす [好きなモノ]

前回は京橋から歩いていったのでかなり遠かったけど(駅に近いのに遠回りする道しかない)、丸の内線の東京駅改札出て目の前なのね。ちょっと外国のホテルみたいな内装の新丸ビル、気に入ったので又立ち寄ってきた。エレベーターもデカボタンで見やすいのだ。

GW中ほどではないものの、相変わらず混んでる・・。しかも中高年の姿多し。

それでまたアフタヌーンティールームの新丸ビル限定スフレ。
前回バニラだったので今度はショコラバナーヌを注文。
う~ん・・やっぱりバニラの方が飽きが来ない味かも。

ちょっと高かったけど、仕事にも使えそう!と大きな麻バッグを買った。
パッチワークが綺麗。

ところで・・1ヶ月ほど前にピアスを落とした日記を書いた。
http://blog.so-net.ne.jp/hanamomimo/2007-04-22
このピアス、後日同じものを手に入れることが出来たのだけど、この日又も落とした・・。アフタヌーンティールームの店員さんに「可愛い!」と誉められたときは両方あったはずなので、落としたのはその後だ・・と、訪れた店を全部回って店員さんに「落ちてなかったか」と聞いて・・。

結局、最後に訪れた店(落としたことに気づく直前に行った)に落ちていたようで、店員さんが拾ってくれていた。よ、よかったぁ~~(涙)。こういうときは、最後に見た店から回るべきね(笑)。無駄骨折った・・。

このピアス、落としやすいことが判明。フック式は危険だな。何か対策を考えなければ・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『エロチック乱歩 屋根裏の散歩者』 [映画(サスペンス、スリラー)]

これまでに3度映像化された江戸川乱歩原作の傑作ミステリー。

編集者の奈緒子は、おどろおどろしい作風で知られるカルト画家で今は亡き郷田三郎について取材をしている。彼が生前住んでいた東栄館を訪ね、数日間そこに滞在するが、どうもここの住人の様子が普通と違う。住人である夫婦の幼い一人娘、マドカが奈緒子に言う。「郷田先生は屋根裏が好きだった」と・・。そこで奈緒子が屋根裏に行ってみると、天井から住人たちの部屋を覗くことができた。・・しかし、その部屋の一つを見たとき、奈緒子は驚愕する。全裸のまま椅子にで縛られた傷だらけの女性がそこに居たのだ・・。

この後、奈緒子は世にも恐ろしい体験をすることになるのだが、住人たちが郷田亡き後も「そういう行動」(ネタバレになるので伏せる)を取らなければならない理由が今ひとつハッキリしない(原作通りなら仕方ないが、かなり変えられているような気が・・)。奈緒子を演じるのは元グラビアアイドルの嘉門洋子。ううむ、彼女の雰囲気がこの役に合っていると思えない・・花弁が舞う中裸で悶えたり、セミヌードで縛られて悶えたり・・などの「悶え」シーンがあるので、そのために選んだのか?住人たちは全員明らかに最初から癖があるので、ラストで見せる「本性」を見ても全然意外でない。

確かに、猟奇的で耽美な世界を堪能できるが、デジカメや「カラオケ」などという言葉が出てくるので時代設定が現在なのだろうか。本作は「エロチック乱歩」と題して『人間椅子』と対で上映される。

キーワード;
霊媒師、指輪、カメラ、切断された指、屋根裏、焚火、ピエロ、芋虫、火事

2006年日本
監督:三原光尋
出演:嘉門洋子、窪塚俊介、村木仁、永瀬ひかり、清水萌々子、遊井亮子、木下ほうか、でんでん

夏公開


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。